中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門書

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

みんなの中国美術入門書 » 中国の有名美術家・書家をピックアップ

中国の有名美術家・書家をピックアップ

中国の長い歴史のなかでも、際立った活躍を見せた書家や画家についてまとめました。なかには土俵を選ばずに、様々なジャンルで大きな成果を上げてきた人物も少なくありません。中国美術の書画で語らないわけにはいかないその人物たちの、代表作や活躍は一見の価値ありです。

中国・唐の四大家の紹介

書聖と呼ばれる王羲之の書風を受け継いだ、初唐の三代家(欧陽詢、褚遂良、虞世南)、独自な書き方で、革新的な書風をひらいた顔真卿。四人を合わせて、唐の四大家と呼びます。栄華を極めた美しい唐文化を、政府の役人でありながら学士を重ねた、唐四大家についてまとめてみました。

  • 欧陽詢(おうよう じゅん)
  • 中国初唐の書家、学者、字は信本。幼いころから聡明で、経書や史籍に通じ、隋に仕えて太常博士となりました。唐の時代では太祖に即位して、弘文館学士になり、給事中に抜擢されます。その後、命令により裴矩(はいく)と陳叔達(ちんしゅくたつ)とともに、芸門類聚百巻を編集して、天皇に承る大仕事をやってのけます。代表作の「九成宮醴泉銘」は、文字の整い方やバランスの良さが特徴です。

  • 褚遂良(ちょ すいりょう)
  • 中国、初唐の書家、政治家、字は登善。詩文、学問ともに優秀で欧陽詢に重んじられました。唐の2代目皇帝次男、太宗の書道顧問として出仕、信頼を得て中書令となります。太宗から信頼が厚く、尚書右僕射まで出世。太宗の遺命をうけて高宗の補佐をしましたが、怒りに触れて左遷され生涯を終えました。代表作は「孟法師碑」「雁塔聖教序」などがあります。

  • 虞世南(ぐ せいなん)
  • 初唐の書家、詩人、政治家であり、字は伯施。幼い頃より冷静沈着で向学心が強く、有識者との議論でも臆することはありませんでした。南朝の陳、隋で仕えた後、唐に帰省。王羲之の書法を学んで開花し、次々と昇進、最後には永興県公を任されました。太宗から厚い信頼を得て、全国より収集した天下古今の管理全般を一任。代表作の孔子廟堂碑は、高評価で後世の手本とされています。

  • 顔真卿(がん しんけい)
  • 中国、唐の官史、軍人、所人で字は清臣。幼い頃から学ぶことが好きで、26歳で進士(国家の役人になるための試験)に合格しました。その後は、吏部尚書、礼儀使などの高位まで昇進し、安禄山の反乱時には、平原太守としてただ一人義兵をあげ、唐朝のために気を吐いて大きく貢献。蚕頭燕尾(さんとうえんび)という独自の書き方で、王羲之と異なる、強烈な書風を示して革新的な書風をひらきました。代表作には「祭伯文稿」「争坐位帖」があります。

様々な時代で活躍した中国美術の書画家たち

中国美術を代表する書画家をメインにピックアップしました。書画だけではなく政治や歴史の方面でも活躍をした人が多く、他分野で高い評価を得ています。ここでは、中国を代表する作家たちの生い立ちや代表作とともに、その人物像もお伝えしていきます。

  • 米芾(べい ふつ)
  • 中国は北宋末の文学者、書家、画家、収蔵家、鑑賞家、字は元章。少々変わった人であったとされ、古書や名画を集めるだけではなく奇石怪石の類の収集を趣味とし、名石に出会えると手を合わせて拝むこともあったそうです。代表作には「蜀素帖」や「苕渓詩巻」などがあり、多くの古典を臨模して書をしたためました。

  • 王一亭(おう いってい)
  • 清末民初に上海を中心に活動した実業家、書画家、銀行家、政治家で、字が一亭。画家としても優れた業績を残す一方で、革命派の人物でもあり、また仏教徒としての活動も顕著な人物です。かなりの反骨精神を持ち合わせており、中学を二度退学させられるほどの気骨な人でもありました。書画は山水画や人物画、花鳥画、仏画と多岐にわたり才を発揮します。

  • 張大千(ちょう たいせん)
  • 中国・近代の書画家ですが、書だけではなく篆刻、詩の分野でも活躍をした人物です。若いころから中国画の技法を修め、10代のときに日本へと渡ります。その後国外を渡り歩きながら個展を開いており、その実力を多くの人に認められてきました。晩年は目を患ったために制作活動の幅が狭められることになりましたが、手術のために渡米するついでに日本へ立ち寄り、中国人作家や画家と鎌倉旅行をするなど、掴みどころのない人物かとも思われます。

  • 仇英(きゅう えい)
  • 中国、明中期に院体画(北宋画)で活躍をした画家。字は実父。周臣の下で画を学んだ仇英は山水画、人物画、花鳥画に秀でており、沈周、文徴明、唐寅とともに明代四大家として称えられています。仇英は一生を売画で生活しており、売れるための画を描き続けていました。代表作には「東林図」や「秋江待渡」などがあります。

  • 郭沫若(かく まつじゃく)
  • 中華民国、中華人民共和国の政治家、文学者、詩人、歴史家で、字は鼎堂。近代文学、歴史学の先駆者でありながらも国民党、中国共産党に加入するなど、政界でも名を馳せています。代表作には詩集「女神」や戯曲「屈原」、他にも「中国古代社会研究」など、遺憾なくその才能を発揮しました。

  • 王文治(おう ぶんじ)
  • 音楽、詩、書などといった様々な文芸作品を生み出してきた人物です。中でも、能書家としての才能が溢れており、王文治が作成した「夢楼詩集」や「快雨堂題跋」は現代でも、世界中の人々を魅了し続けています。歴史の記録では、外交使節の補佐として琉球(沖縄)へ来日している経験者の一人です。

  • 王鐸(おう たく)
  • 明朝と清朝の書画家として名を遺しています。大胆で自由な筆遣いを行っている作品が、現代でも多くの人々を魅了しているのです。行草体で一気に書き上げる独特な書風は、現代の書道にも取り入れられています。

ページの先頭へ