中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

中国美術・骨董品の保管の方法

高額買取には保管方法が関わってくる

骨董品を高額で売買するためには、状態を良くすることが一番です。しかし骨董品の場合保管の方法は非常に難しく、扱い方を間違えれば極端に劣化を進めてしまうことになります。そのため骨董品を見つけたら、一刻も早く適切な状態で保管するように心がけてください。

日光を避ける

絵画や陶器など多くの骨董品は、日光に当たることによって劣化が進む可能性が高くなるため注意が必要です。降り注ぐ紫外線には弱い結合の分子を破壊する作用があるとされており、紙や陶磁器などの退色や劣化を招いてしまうでしょう。

たとえば絵画であれば絵具が焼けてしまい、色あせなどを起こしてしまいます。そのため絵画等は日光が直接当たらないような場所で保管するようにしてください。特に効果的な保管方法として挙げられるのが、黒い布を被せることなどです。

湿気

絵画や掛軸などの紙製品は特に湿気に注意が必要です。たとえば湿度が極端に低く乾燥したような場所であれば、ひび割れを起こしやすくなります。反対に湿度が高い場所だとカビの発生リスクを高めてしまうことも。シミも付きやすくなるので、湿度は徹底的に管理し保管してください。

紙製品は骨董品の中でもデリケートな品物なので、汗や手の湿気でも影響を与えかねません。そのため素手で触るのも控えた方が無難でしょう。必ずゴム手袋等をはめた状態で触れるように心がけてください。

おすすめなのはウコン染の布と桐箱

骨董品を保管する最適な方法は桐箱で、とくに掛軸などは桐箱に収めて保管するのが最もいいと言われています。桐箱は丈夫でありながら軽いという特性があり、さらに耐火性にも富んでいるため骨董品を保管するのに最適な素材と言えるでしょう。

さらに天然の防虫効果をもつウコン染の布で包むのもお勧めです。骨董品の保管には一般的に防虫剤などは適していないとされています。しかしウコン染の布はそれらの自然に虫を遠ざかることができるため、骨董品の管理には古くから用いられているのです。基本的にはウコン染の布で包み、それを桐箱で保管するのが最善の保管方法です。

骨董品を保管する際の注意点

  • 素手で触らない
    手には汚れや菌、水分、油分など様々なものが付着しています。そのため素手で骨董品に触ってしまうと、それらが骨董品に付着しシミやカビの原因になってしまうでしょう。そのため骨董品を触る際には、専用の布手袋を準備してください。
  • マスクを装着する
    唾液にも多くの菌が存在すると言われています。そのため骨董品を扱いながら話しをする、咳をする、くしゃみをするなどしてしまえば、唾液が骨董品に付着する可能性が高まるでしょう。万全を期して、マスクを装着することによって唾液が付着するのを予防することができます。
  • 天気の良い日に手入れを行う
    上記でも述べたように骨董品は湿度に影響を受けやすいため、湿度の高い雨の日に手入れを行ってしまうと、せっかくの手入れも逆効果になる恐れがあります。そのため骨董品のお手入れには、湿度が低い晴れている日に行うようにしてください。
  • 陰干しを定期的に行う
    骨董品は、ずっと蔵に収納したままというケースも少なくありません。しかし、ずっと同じ場所に収納してしまうと、湿気をコントロールしていても骨董品が湿っぽくなることもあります。そのため骨董品の湿気を取り除くために、定期的に陰干しをしてください。陰干しをすることによって、湿気を取るだけでなく、虫が付着するのを予防する効果も期待できます。

骨董品の保管は、価値を左右する重要なこと。少しでも間違った取り扱いをすることによって、せっかくの骨董品の価値を下げてしまう恐れもあるでしょう。少しでも保管に不安がある場合には、早めに査定に出した方が無難かもしれません。骨董品を少しでも良い状態のときに査定を依頼し、売買を進めるようにしてください。

ページの先頭へ