中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

五彩

ここでは、中国の明・清時代に焼かれたとされている陶器、五彩について紹介しています。

五彩とは

五彩とは、高温で焼き上げた白磁に上絵具で絵付けをし、もう一度小型の窯へいれ焼き付ける技法を用いて作られた陶器のことを言います。この技法は釉上着彩画法と言い、釉薬では色を付けず、絵具でなければいけません。

五彩と呼ばれますが、五色のみを使っているわけではなく、単に同じ技法で焼かれているものであれば、二色でも六色でも五彩と呼びます。

五彩と日本の色絵

始まりについては、発掘調査などで元時代から生産された説が有力です。しかし、正確なところは現在もわかっておらず、調査が続けられています。

五彩は近代に入り、多くの色彩が彩色され、色合いが鮮やかになりました。その美しさを競い合い、闘争している様子から、闘彩と呼ばれることもあります。

五彩の技法が日本に伝わり、色絵として姿を変え作られました。17世紀初頭、九州の肥前有田に白磁の技術が伝わり、中頃に五彩の技術が導入されたのです。

初期の色絵の図柄は、中国から学びを受け、中国産の絵具を使って作られていました。17世紀後半ごろから生産を加速させ、日本独自の穏やかな様式を取り入れ完成させたものが、有田焼として有名になったのです。

日本の陶器が目を向けられ始めた当時、中国ではまさに明から清へ移り変わる交換期でした。その間、海禁令が出ていたことにより磁器の輸出が停止していたため、日本製の磁器が世界に注目されるようになったといわれています。

中国骨董品を高値で売るための基礎知識はこちら>>

ページの先頭へ