中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

高麗青磁

中国美術と繋がりの深い高麗青磁について説明しています。

高麗青磁の歴史

高麗青磁とは、当時朝鮮半島にあった王朝「高麗」の時代に作られた磁器です。9世紀から10世紀頃に、中国にある呉越の越州窯から影響を受け生まれました。

この青磁は、高麗以外の場所で作られることは無く、独自の文化を築いています。12世紀に翡色青磁が生まれたあたりから、高麗独自の手法が増えていきました。

優れた装飾技術が注目されていましたが、高麗青磁の時代も終わりを迎えています。末期には作風自体が変わり、高麗青磁から粉青沙器へと移り変わっていったのです。

高麗青磁の種類と技法

  • 象嵌青磁
  • 磁器の表面を刻み模様の土台をつくります。そこに、白土や赤土を入れ込み、釉を掛けて焼きあげる技法です。

  • 青磁鉄絵
  • 磁器の表面に鉄絵で模様を描き、釉を掛けて焼き上げます。

  • 青磁辰砂
  • 銅系の彩料を使用して磁器を彩る技法です。

高麗青磁の特徴

高麗青磁の特徴はやはり美しい模様。描かれているのは、美しい風景が多いです。山や木、花、鳥や魚などの生き物含め、自然界から取り入れたモチーフを組み合わせています。形状も、伝統的な挑戦の衣装のラインが反映されているようです。

もう一つ特徴的なのが、表面に見られる細かなひび。これは、美しい模様をはっきりと見せるべく、釉を極限まで薄く掛けているため生まれます。青磁に使用される釉はもともと脆いので、薄く掛けるとなればなおのこと。焼き上げる際どうしてもひびが生まれます。

しかし、そのおかげで釉の透明度が高く仕上がり、凝った模様を美しく引き出しています。ひびは特徴の1つとして評価され、現代でも、そのひびを再現しようとあえてもろい釉を使用する陶芸家もいるようです。

中国骨董品を高値で売るための基礎知識はこちら>>

ページの先頭へ