中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門書

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

青花

 起源はなんと紀元前700年。そんな奥が深い青花について紹介していきます。

青花とは

青花とは磁器のことを指します。白磁に絵文様を描き、透明な釉薬をかけてから1300度前後の高温で焼き上げたものです。

一番の特徴は、釉下彩であること。白磁→絵(コバルト)→透明釉の順番で描かれている技法で、釉薬の下に絵文様が描かれています。釉薬のおかげで表面は透明でガラスのようにコーティングされているため、長期間使用しても退色・剥落することがありません。この技術により、かすれることなく美しさを保つことができるのです。誕生から現在まで技術が洗練され、より美しい絵文様が描かれるようになりました。

英語圏では青花のことを「ブルーアンドホワイト」と呼び、西洋風の絵文様が描かれているのが特徴です。

青花の歴史について

コバルトを使い描かれた技法は、紀元前700年前からすでにあったのですが、それが青花として登場したのは元の時代です。それまでは青磁が主流で作られていたため、青花の技術はあまり発展していませんでした。その後中東から青花が欲しいとオーダーがあったことをきっかけに普及し始め、大皿を輸出品として大量に生産しだしたことにより、その名が世に広まりました。

現在はヨーロッパにまで広まり、高価なものとして取り扱われています。タイでも、中国系の方たちを中心に重宝され、日本や韓国では家宝として代々大切に受け継がれているそうです。

ページの先頭へ