中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門書

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

白磁

 白磁器について説明しています。

北宋時代、隆盛を極めた「白磁」

白磁が中国で作られるようになったのは、北斉時代(560~570年代)で、青磁の製造技術の完成に伴い発展していきました。唐時代になると白磁の生産が本格化。当時は「南青北白」といわれ、南部には青磁、北部には白磁を焼く窯が多かったようです。国民の生活が豊かになり、文化・芸術が最も発達した北宋時代には中国全土に陶磁窯が築かれ、白磁の名品が多く出回るようになります。

また白磁は、日本を代表するやきもの「有田焼」の祖としても知られています。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、佐賀藩主の鍋島直茂が撤退時に売れてきた朝鮮陶工の中に、李参平(和名は金ヶ江三兵衛)がいました。李参平は、有田で良質の磁石を発見。日本で初めて白磁を焼いたそうです。

鉄分の少ない釉薬と高温度が白磁のツボ

実は白磁のもとは青磁。簡単にいうと、青磁の素地と釉薬の中から鉄分を除いて焼かれたものが白磁なのです。鉄分が少なく、ケイ酸とアルミニウムを主成分とする白素地に、こちらも鉄分のない植物灰とカオリナイトから精製した無色の釉薬をかけ、高火度で焼成するのが基本的な製造方法。窯内の温度は青磁と同様1300度近くで、還元焼成(窯内の酸素を制限して焼成物から酸素を奪う焼き方)が用いられています。

さまざまある白磁の種類

白磁とひと口にいっても、様ざまなものがあります。たとえば北宋時代、白磁の中心だった「定窯」は、周辺が石炭生産地ということで、焼成燃料は石炭を利用。そのため、定窯の白磁は黄みがかった発色が特徴でした。

景徳鎮窯は磁土と釉薬に鉄分が含まれているため、青みのある白磁が特徴。中国国内向けの日常雑器をはじめ、アジア各地に多くの白磁が輸出されました。

エジプトの遺跡からは大量の白磁が出土しています。また景徳鎮は、釉薬が文様の線にたまって青みを帯び、美しい水色を見せる白磁の一種「青白磁」も有名。特に宋代の青白磁は梅瓶や香炉、鉢、水差しなどに用いられ、中国の宮廷、日本では大名クラスの上流階級に珍重されました。

「青花」も景徳鎮で誕生した白磁の一種です。これは白磁の釉下にコバルトで絵付けをし、透明釉をかけて高温度で焼成した彩画磁器。元時代の青花は緻密なデザインで大作が多く、イスラム圏に多く輸出されています。

ページの先頭へ