中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

翡翠

ここでは東洋で人気の高い翡翠について解説していきます。特徴や翡翠と呼ばれる由来、良質な翡翠の見分け方などを詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

翡翠とは?

緑色の美しい宝石として人気の高い翡翠。特に日本や中国では「東洋の宝石」と称されるほど、古くから珍重されてきました。翡翠には硬玉と軟玉の2種類があり、そのうちの硬玉は宝石として扱われています。主な産出地としては、ミャンマーやアメリカ、ロシア、グアテマラなど。日本でも硬玉が産出されています。

軟玉は、特に翡翠を珍重していた古代中国では実用品や装飾品として使用されていました。また、軟玉は彫刻といった装飾が施されることが多く、竜の形にかたどったものなど細かな細工を施した作品も多く見られます。軟玉の主な産出地は中国やアメリカ、ニュージランドなどが挙げられます。

翡翠の語源

翡翠は、もともと中国でメノウやそのほかの宝石とともに美しい石の象徴として「玉」と呼ばれていました。中国で翡翠はカワセミを指す言葉とされており、「翡」は赤色を指し、「翠」は緑色を意味します。カワセミの赤いお腹と緑色の羽の特徴に例えられ名づけられました。また「翡」という字はオス、「翠」はメスを表しているとも言われています。

古代の日本においては、玉を「たま」、カワセミのことは「しょうびん」と呼称していたとされており、翡翠という名前で呼んでいたという記録はありません。翡翠という言葉は、比較的新しい時代に中国から渡ってきたと考えられています。

そんな日本での翡翠の歴史は縄文時代にまでさかのぼるとされており、日本各地の遺跡から副葬品として翡翠が数多く出土しています。

翡翠の種類

一言で翡翠といっても、翡翠は「ジェダイト」と「ネフライト」の2種類に分類されます。それぞれ異なる鉱物である「ジェダイト」と「ネフライト」。ここではその2種類の特徴について詳しく解説していきます。

ジェダイト

「硬玉」と称され、ヒスイ輝石として取り扱われているのがジェダイトで、古くから宝飾品として利用されていました。中国では「玉」と呼称されていて、装飾品としても使用されてきたとされています。日本でも勾玉の材料として利用され、日本各地の多くの遺跡から発掘されてきました。

変成岩に産出されるヒスイ輝石は、純度の高いものだと白色をしています。ただし、クロムや鉄などを含有することにより、緑色や紫色といった色に変化するのです。産出地としてはミャンマーやグアテマラ、アメリカなどが挙げられますが、日本の新潟県糸魚川地域でも産出されています。

ネフライト

硬玉とよばれているジェダイトに対して、ネフライトは「軟玉」と呼称されており、一般的な宝石と呼ばれるジェダイトとは全く異なる石です。古代中国ではネフライトは宝石として扱われていましたが、時代が進むにつれてジェダイトが産出されたことにより、それぞれ区別されるように。硬度が高いジェダイトに比べて硬度がやや低いことからネフライトと名付けられました。

ネフライトしか産出されない中国では、中国産のネフライトをジェダイトと偽る模造品が見つかっています。一見ジェダイトに比べて価値が低いと思われがちなネフライトですが、ネフライトのなかには白みを帯び透明度の高いものは「羊脂玉」と称されるものも。質の良いものであればジェダイトより高値で取引されることがあります。

良質な翡翠の見分け方

良質なものとそうでないものの見分けが難しいと言われている翡翠は、研磨前が特に判別をつけるのが難しいとされています。そのため、類似する緑色の石を翡翠と間違えて採取するケースも多いようです。

そんな翡翠を見分ける方法は、石全体に光を当てること。光に透かして見てみることで、繊維の交差具合からジェダイトなのかネフライトなのか判別できるとされています。ただし一般的に販売されている翡翠の場合、なかなかその方法で見分けることが難しいようです。

見た目だけで翡翠を見分ける場合、表面の透明度や研磨の度合いなどを確認するのがポイントになってきます。かざしたときに反対側が見えるほどの透明度がある良質な翡翠であれば、そのぶん付加価値も高くなりますよ。

ページの先頭へ