中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

中国文学と美術

中国文学と美術について説明します。

中国文学の始まりと歴史

中国の歴史において、初めて文字で資料や記録が書かれたのは、約3000年前、紀元前13世紀頃だと考えられています。

今日残存する最古の記録は殷代の「卜辞」、文学の始まりとされるのは「詩経」です。これは中国史上のみならず、世界的に見てもかなり古い詩歌集で、収録されているのは、西周初期から春秋時代中期頃までの、およそ500~600年の間に作られた作品だとされています。この時代の文学は「史官の文学」「巫の文学」に分けられます。

「文学」という言葉が登場する最も古い文献は「論語」で、 孔子が弟子を才能別に分類した「孔門四科」において、徳行・言語・政事・文学という記述が残っています。ただし、ここでの文学は、広く古今の文献や学問に通じていることを表わしました。つまり文学とは学問、あるいは文化全般を指していたようです。

「詩」が文学の主流だった

現在の「文学」の概念が生まれたのは、5世紀の劉宋(南朝)です。

文帝は儒学(雷次宗)、玄学(何尚之)、史学(何承天)、文学(謝玄)を四学とします。ただし、ここでいう文学とは上流階層の文学であり、小説や戯曲など、いわゆる大衆文学は含まれてはいません。これらが普及するのは、元・明代以降のことになります。

そのため中国では、長く「詩」が文学の主流でした。種類も様ざまで、「韻文(一定の規則(韻律)にのっとり書き表された文)」のひとつである「漢詩」をはじめ、「五言絶句」「七言絶句」などで知られる「近体詩」、「辞賦」などがあります。

「詩書画一致」という考え方

中国の絵画や書には「詩経」や「論語」などの書物を題材にしている作品が少なくありません。

また中国には「詩書画一致」「書画同源」という考え方があります。これは「詩」と「絵画」は切り離すことができないものであり、「書(書法)」と「絵画」は根本的に同じという意味です。たとえば山水画や文人画の中には、作者や鑑賞した人の詩文や感想を組み合わせたものがあります。詩とそれにふさわしい書体、詩の世界を表現した絵画は、芸術と文学とを結び付けた芸術のひとつといえるでしょう。

ページの先頭へ