中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

骨董品購入のポイントは

骨董品の購入のメリットとデメリット

骨董品選びは、美術品の高い価値を見極めることにも関係しています。美術品の中でも骨董品は価格や年代だけで判断するのが難しいため、「贋作」を購入してしまうことになりかねません。

骨董品や美術品を専門としている骨董商から購入するメリットは、さまざまな情報とともに価値ある商品を購入できることです。中国美術を扱う骨董商は一番のポイントとなる「商品の歴史」だけでなく、「美術品にかかわる知識」、「美術品の仕入れ方法」、「手入れや保管方法」などをしっかりと把握しています。そのため必要な情報をスムーズに解説してもらい、納得した上で購入ができます。

骨董商から中国美術の骨董品を購入する際には

もうひとつの骨董品購入の仕方は、信頼できる「骨董商」に相談し、お気に入りの商品を選ぶ方法です。骨董商選びも重要で、同じ地域や場所で骨董商を続けている個人経営の老舗がおすすめです。

また、骨董品の購入よりも骨董商の店主とコミュニケーションを図ることを目指しましょう。店主とのコミュニケーションは、中国美術の中でも魅力的で価値ある骨董品を選ぶポイントです。いろいろな美術品について尋ねる前に、店主が得意とする商品や、今までの経験を尋ねてみることもできます。気に入った商品がすぐに見つかったとしても、すぐに購入するのはNGですし、すぐに買うようにすすめる店舗は注意が必要です。

さらに、老舗の骨董商であれば骨董品を扱うネットワークがあるので、価値ある商品を揃え、希望のものを仕入れたりすることも可能になります。美術品の扱い方法も教えてもらえるでしょう。また、デメリットにもなりかねない購入時の価格変動を事前にチェックできるので、足しげく通うことでより割安に購入ができるかもしれません。

価値ある中国美術の選び方「美術商から骨董品を購入」

画商とも呼ばれる「美術商」は、美術品を専門に仕入れたり、コレクターに販売したりする業者です。骨董商の中でも、美術品を専門に扱います。商社のギャラリーや百貨店でのイベントも開催できるような目利きの持ち主が多く、商品のサイズだけでなくギャラリーも大小さまざまな規模で展開されています。

購入したい美術品があるとき、美術商による説明や解説を聞きながら、商品を選ぶことがおすすめです。骨董商同様に、店主とのコミュニケーションを築くことが、価値ある商品選びにもつながります。また、長年美術品や古美術を見て、本物を選ぶ知識や経験があるので、安心した購入が可能になります。

さらに、古美術を専門に扱う美術商では、歴史のある絵画や彫刻、書画なども扱われているので、「美術の枠」を広げることができます。信頼できる美術商に巡り合えると、商品選びだけでなく、美術の歴史や扱い方を深く掘り下げて知る機会にもなるかもしれません。

インターネットでの購入は要注意

インターネットでチェックするオークションやネットショッピングは、購入方法としては簡単ですが、写真や商品説明の文章だけでは「本物」を選びにくいというデメリットがあります。特に写真は光沢や画質によって商品の映り方が変わります。そのため品物を判断することが難しく、贋作を選んでしまうこともあり得るので注意しましょう。

参考:「骨董で贋作をつかまないシリーズ」

ページの先頭へ