中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

みんなの中国美術入門 » 中国の美術を極めたい人のコラム » 掛け軸を高く買取してもらう方法

掛け軸を高く買取してもらう方法

中国美術の掛け軸を所有している人の中には、買取に出そうと考えることもあるでしょう。

大切な骨董品を手放すわけですから、少しでも高く買取してもらいたいですよね。ここでは、掛け軸の買取に関する重要なポイントを紹介していきます。

作家が明白

掛け軸の買取で注目するのは、その掛け軸を書いた作家。

中国で歴史的価値のある作家の描いた掛け軸ならば、高い価値がつくので有名な作家ならば高く売れます。

中国の掛け軸には作家の落款(らっかん)が押されていることが多いため、どの作家の作品なのかすぐに判明するでしょう。

中国美術の専門家に鑑定してもらい、落款から誰が作成したのか教えてもらうようにしてください。

作家が不明だが署名や箱がある

作家が分からない場合は、掛け軸の裏面や掛け軸を入れるための共箱(ともばこ)という桐箱をチェックします。

掛け軸に落款がなくても署名さえあれば、作家を特定することは可能です。それに、共箱も掛け軸の題名や署名が記載されていますから、共箱は捨てずに保管したほうがいいでしょう。

実際、共箱がなく作家が誰か分からない掛け軸でも買取はしてもらえますが、共箱がない状態と比べて買取額は大幅に下がってしまいます。

作家が不明でも価値がある掛け軸かもしれませんから、一度も確認してもらうことをおすすめします。

保存状態

劣化してしまう原因

掛け軸を高く買取してもらうためには、保存状態が大きく関わってきます。大切なものだからといって、押入れに保管しておくと劣化してしまう恐れがあります。

押入れに保管しておくことで劣化してしまう理由は、日本の高温多湿という気候にあります。倉庫や押入れで保存していると、湿気による劣化で美術品としての価値が下がってしまいます。

日光による日焼けにも注意

また、掛け軸をずっと飾ったままでいると、直射日光による劣化の影響も注意しなければなりません。

対策としては、太陽に気をつけて鑑賞する期間だけ飾るようにすること。また、掛け軸の保存は難しいため、劣化する前に買取してもらったほうがいいかもしれません。

掛け軸の取り扱い

保存状態だけでなく、掛け軸の取り扱いにも注意が必要です。濡れた手で触ってしまうとシワになるため、必ず手を拭いてから触るか手袋を着用してください。

また、掛け軸を巻く際は、きつく巻いてしまうとシワや折れの原因となります。紙を触らないように軸先を持って、少しゆとりを持って巻くようにしましょう。

古い骨董品なら買取価格が上がることもありますが、保管期間が長すぎて劣化してしまうと価値が下がります。

少しでも劣化していると思った場合は、買取に出したほうが高く売れます。

価値を下げないための正しい保管方法

大切な掛け軸の価値を下げないためにも、劣化を防ぐための保管方法を紹介します。

・掛けはずし

掛け軸を飾りたい人は、3日に1度は掛け軸をはずして巻いて保管することが大切です。

上記で説明したように、直射日光や湿気によって劣化してしまうので定期的に巻いて保管するようにしてください。

・共箱(桐箱)に保管しておく

掛け軸を保管する共箱は、桐箱タイプのものが多く掛け軸を保管するに最適です。桐箱は元々吸湿性にすぐれていて、タンスの内側に桐の木が使われています。

桐箱に保管することで掛け軸の劣化の原因である、湿気から保護することができます。共箱は他にも熱に強いという特徴と防虫効果があります。

押入れに掛け軸をそのまま保管したせいで、虫に食われてしまったということがありました。それを防ぐためにも桐でできた共箱に必ず保管するようにしてください。

また、防虫のために乾燥剤や虫除けの薬剤を入れてしまうと、掛け軸や共箱に臭いが移る可能性があるため注意しましょう。

・ウコンで染めた布で保護

ウコンには防虫と防菌効果があるため、ウコン染めした綿布で骨董品を包み込む方法があります。

大切な法衣を保管するのに使われていますから、掛け軸の保管にも効果的です。共箱をウコン染めした布で保管すれば、より掛け軸の劣化を予防できます。

ページの先頭へ