中国美術 Art of Chinese
中国美術を学びたい人のための入門書

これから中国美術について知っていきたい人から、趣味にしたい人まで。中国美術を学びたい人のためのサイトです。
時代、ジャンル、中国美術を極めたい人向けの記事と、豊富に用意しております。あなたが中国美術に触れる際の、お役に立てる入門書となりますように。

王羲之

王義之についてを説明していきます。

「書聖」と呼ばれた王義之の生い立ち

書道をたしなむ人はもちろん、そうでない人も「名前は聞いたことがある」というくらい、「王義之」は世界的に有名な中国・六朝時代の書家です。

書を芸術に高めたことで「書聖」と称され、現代でも書道の手本にされるなど、多大な影響を与え続けています。息子の王献之も優れた書家として知られ、二人を合わせて「二王」ともいわれます。

王義之はもともと貴族で東晋の貴族で官吏でしたが、中央政治になじむことができず、首都建康を離れて地方官となります。早くに父を失った王義之は、東晋の建国に大きく寄与した王敦や王導らに見守られて成長。

若い頃から才能を認められ、最初は宮中の図書をつかさどる秘書郎となります。その後は右軍将軍、地方長官である会稽内史といった官僚職を歴任しますが、以前から犬猿の仲だった王述が上司になったことから辞職を決意。退任後は、悠々自適な生活を送ったといわれています。

王義之の書は草書と手紙が特徴

王義之は後漢時代の張芝の草書、後漢末期から三国時代・魏に活躍した鍾繇の楷書を学び、楷書・行書・草書に新しい書風を創出しました。

王義之の書は、伝承されている作品のほとんどが「草書体」であるのが特徴のひとつです。また、大半の行書や草書の内容は主に尺牘(手紙)で、私的な内容が少なくありません。

その理由には、「草書の横画は右に上がっている、点画がくずされ省略されている」ことがあげられます。隷書体は「横画は水平に書くべきもの」でしたが、草書体の登場によって、人は自由に速く書くことができるようになったといえます。

王羲之はこの草書体を整え、さらに手紙で私的な心情や思いなどを綴ることで、時の為政者、権力者をはじめ、時代を超えて多くの人をひきつけたのです。

日本にも影響を与えた王義之

王義之は「蘭亭序(蘭亭での雅宴で詠まれた詩をまとめた詩集に、王義之が書いた序文)」「喪乱帖(王羲之の尺牘を5通ほど集めて1巻としたもの。

最初の尺牘の第1行に「喪乱」という文字があり、この名がつけられた)」「楽毅論(燕の武将である楽毅の人物を論じた文章)」をはじめ、多くの名作を生み出しました。

しかし、残念ながら真蹟は一切残っていません。現在、見ることができるのは、王義之の書を学んだ者たちが書き写した「臨本」や、原本に紙を乗せ字形をなぞった「摸本」のみです。

王義之は、その書を崇拝した唐の太宗皇帝といった中国の人たちはもちろん、日本でも手本にされています。たとえば聖武天皇の皇后・光明皇后が「楽穀論」を学び、唐招提寺の額の文字が王羲之の書であるなど、王義之は日本の文化に影響を与えています。 

ページの先頭へ